Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
英語、フランス語、ドイツ語を学習中。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

Frenchだって忘れない!

2011.05.21| ・フランス語
最近は、カナダに行くということもあって、勉強が英語に偏りがちです。
決して多言語をやめたわけじゃないんですが、将来のことも考え今必要なのは英語だろうということで、英語を集中的に頑張っています。

でも、カナダにはケベック州があります!
ケベック州はフランス語圏で、街の標識もフランス語。
話される言葉もフランス語。

モントリオールやケベックの中心部では英語も通じるけれど、郊外ではほぼフランス語。

私は18歳の時にカナダへ一人旅に行ったことがあるのですが、カナダの中でケベックが一番大好きになりました!

街は小さいのですが、カナダの他の都市とは全く違う文化を持っていて、そこはまるでヨーロッパ。
店へ入ると、「ボンジュール!」と100%スマイルで声をかけてくれたのが、とても嬉しかったです。

ci_ca_yqb.jpg

私がフランス語ができないからと言って冷たくするわけでもなく、むしろ「英語はちょっとしかできないんだ」といいながら話しかけてくれた人もいました。

カナダ人全般に言えることですが、とても優しくフレンドリーでした。


それとカナダには、ケベコワ(ケベック人)以外にもフランス語を話す、アカディアンという人々がいるそうです。

詳しくは知りませんが、起源はケベコワとは異なるらしい。
でも彼らもフランス語が母国語で、主にカナダの東側、アトランティック・カナダ方面に住んでいるそうです。

私が行くのは、まさにアトランティック・カナダ!
なので、やはりフランス語も少しでも話せるようになれたら、現地の人とより深く関わることができるのではないかと思っています。

カナダのフランス語は、フランスのフランス語とはちょっと発音や語彙が異なるみたいですが、そんなの気にしない!
ケベコワやアカディアンとフランス語を通じて関われたら、それで十分楽しいだろうと思います♪

なので、カナダでは英語に一番力をいれるのは間違いないですが、フランス語にも出来る限り触れていきたいです!



Audrey tautouと男性の掛け合いが面白い動画。
彼女はフランス人ですが、英語は勉強して話せるようになったんでしょうか。
英語を話すことを楽しんでいる感じで、これからもどんどん上手くなっていきそう!

コメント

非公開コメント