Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

独り言の効果part.2

以前書いた、独り言の効果という記事を、久しぶりに読み返しました。
半年前のもので、多言語学習を始めたばかりの頃だったので、なんだかとても懐かしく感じました。

今でも相変わらず、独り言は言うようにしています。
というか、英語の勉強をたくさんした後などは特に、なんだか英語を話さなければいられなくなって、自分と会話してしまいます。

とはいっても、英語が口から溢れでてくるようなことはなく、英文を頭の中で考えながら、時制や単数複数に注意しながら話す、という感じです。

短い文章であればすらすら言うこともできるようになってきました。
でも、言いたいことを上手く伝えられる表現が浮かばないこともありますし、文法的に正しいのか怪しいこともしばしば。

それでも、半年前より上達していると感じられます。

まず、thatとwhichが苦手じゃなくなりました(笑)。
むしろ、thatやwhichが出てくるということは、前文とその後の文が修飾的関係になっているということで、理解する上での目印になっています。

あとは、語彙などが増えたせいか、表現力が以前より上達していると思います。

前は、言いたいことの複雑さとそれを表現できる英語力の乏しさとの差があまりにもありすぎて、呆然・・・という感じでした。
でも今は、その差がすこし縮まった感じがします。

以前は「全く表現できない」でお手上げ状態になったことでも、今は「こう言いかえれば伝わるかもしれない」と、英語表現を練ることが、少しできるようになってきました。

「ネイティブの人のように話したいならネイティブの人が話してるのを聞いて、表現を知らなきゃいかん」というのは、今でもそう思います。
やっぱりネイティブの英語に勝るものはないですね。

そんなこんなで、トイレやお風呂場では、英語で自分反省会を開いているわけでありますが。


あと、独り言の効果かは定かではありませんが、ブログの英語の記事も前より書きやすくなっています
ミスだらけだとは思いますが、それでも。

前は、書いているうちに言いたかったことが分からなくなって、結局言えなかった、ということが常でした(笑)
なんだか、書いているうちに疲れてきちゃってたんですよね、ほんと。

話のスジを通すことや、肉付けすることが難しく、薄っぺらい内容しか書けませんでした。

でも最近では、英字新聞に倣って文中の語彙を言い換えてみたり、肉付けすることも出来るようになってきました。

英語で記事を書くことを楽しめるようになってきたので、これからもどんどん英語で書いていきたいと思います!

コメント

非公開コメント