Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
英語、フランス語、ドイツ語を学習中。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Blog!

2011.05.24| ・3.11.2011
お知らせです!
もう一つ、別のブログを新しく作りました。

Affected people by The Great East Japan Earthquake
タイトル通り、3月11日の東日本大震災によって被災者となられた方々について、書いていくブログです。
今までこのブログで書いてきた、朝日新聞の英訳の記事も載せています。


新しくブログを作った理由について書く前に、まず、この多言語ブログにおいて被災者の方々に関する英文の記事を書いていた理由について書きます。

なぜ英文で書いていたかというと、英語の勉強のためでもあるのですが、被災者の方々のリアルな避難生活というものが、海外までなかなか情報として届いていないのではないか、と思ったからです。

福島原発の危険性や現状ばかりがクローズアップされて、一番弱い立場にいる被災者の方々は、ブログなんて書く余裕があるわけもない。

もちろん原発は問題ですが、「日本は危険だ」という認識だけが広がっていくような気がしたのです。

海外のメディアも、被災者の方々の情報は伝えているとは思いますし、海外に実際に行って確かめたわけでもないので、確かなことは言えません。

しかし、「何万何千人が死亡、被災者は何万人」という地震の概要や原発の情報は、おそらくどこにいても手に入ると思いますが、海外にいる人達が日本の被災者の方々の生活や思いについて知りたい、と思ったときに、それを知ることはなかなか難しいのではないか、と思ったのです。

それを放送するメディアが少ないと思いますし、日本にいれば様々な特集番組や取材などの映像で見ることができますが、海外で得られる情報というのは日本にいるよりもかなり限られるのではないかと思います。

英語の壁が大きいように、日本語の壁も大きいだろう、と。

福島原発の危険性については、様々なメディアやブログが取り上げているので、私は少しでも被災者の方々の実情というか、生活そのものについて書いていけたら、と思って始めました。


ですが、やはりメインは多言語学習ですし、このブログに来ていただいている方々も多言語に興味のある人が大半です。
そんな中で、被災者の方々の生活に興味のある人が、どれだけこのブログに辿りつけるだろう・・・

そう考えると、ほとんど無理だと思いました。
やはり、ひとつのカテゴリとしておくよりは、別個のブログとしてしまったほうが、よりダイレクトに情報を求める人に見てもらえるのではないかな、と。

なので、新しくブログを作った、というわけです。


もちろんひとりではちょっと荷が重いので、相方さんと一緒に作っていこうと思っています。

こんなブログを作っても無意味かもしれませんし、私の英語力の低さで間違った情報を伝えてしまうかもしれませんが、やらないよりはマシかな、と思います。
というか、こんなことしかできません。

もっと役立つ支援の仕方があるのかもしれないし、誰の役にも立たないかもしれないし、そもそもそんな情報を誰も求めていないかもしれない。
なので、ほとんど自己満足です。

今までもそうでしたが、間違えたときのために、詳しい場所や個人名は書かないようにします。


復興には相当な時間がかかると言われています。
被災者でない人は、被災者となった方々の生活や思いについて、復興にかかる時間と同じくらいの時間をかけて、考えていかなくてはいけないのかなと思います。

世界のどこか遠くで起きた大地震ではないのだから、風化させてはいけないのだな、と。

あまり期待せず、気長によろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。