Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

10ヶ国語の関係性

2010.12.11|(1)語学全般
10ヶ国語の関係性を図に示すとすると・・・


              <  英語  >
               /     \
               /         \ 
<ロシア語>・・<ドイツ語>・・:・・<フランス語>
  :          ||      :     /    \
<ギリシャ語     ||      :    /       \
      <スウェーデン語>  : <スペイン語>=<イタリア語>  
                   : 
                <トルコ語>

                 <タイ語>

こんな感じ 
ちなみに日本語はココあたり→→
                                <日本語>笑


汚い図ですいませんね。
あくまで私の主観です。乏しい作図能力でできるのはここまででした。
でも、言語系統とこの図は大まかに一致する。
ラテン系、ゲルマン系、スラブ系、アルタイ系・・・同じ系統に入る言語は、文法や単語のレベルでよく似ている。

英語はゲルマン系で、ドイツ語などと同じくくりだけど、歴史的背景からフランス語の影響をかなり受けててフランス語の単語がたくさん入ってきている。
語順重視なところもラテン系に似ている。ただ、ラテン系はもっと動詞の活用がはんぱない。

フランス語、スペイン語、イタリア語はラテン系で、文法も単語もかなり似てる。

ゲルマン系は格変化が特徴なのかな。
格という点では、ロシア語やギリシャ語も格変化の言語だけど、ロシア語はスラブ系で、ギリシャ語は単独であるらしい。
トルコ語とタイ語以外の8つはすべてインド・ヨーロッパ語族。使い方は違えど、接続法とか完了形があること(文法)が似ているかな。
つまり時制にうるさいのがインド・ヨーロッパ語族。日本語なんて時制の区別がぜんぜん無いから、完了形とか言われてもいまだに使いこなせません。とほほ

トルコ語は、文法の点ではむしろ日本語に近いのだけど、地理的影響からか、文字自体をフランス語やドイツ語から取り入れてる。

タイ語はよくわからん。独特。

ヨーロッパの人が何ヶ国語も喋れるのは、それだけ言語が近いレベルにいるからよ!
日本人は語学が苦手とか、言うんじゃないわよ!

コメント

非公開コメント