Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
英語、フランス語、ドイツ語を学習中。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスニング力が急上昇しました!

2011.08.23| ・カナダにて
お久しぶりです。ご無沙汰してます!
今日は、ぶっ壊れてウイルス満載のパソコンは置いといて、別のパソコンからブログをアップしたいと思います。
ほんとは日本語禁止なのですが、あまりにも嬉しいことがあったので、どうしても書きたくて!
実は、カナダに来て2ヶ月ちょっとたったとき、昨日の話なんですが、リスニング力が飛躍的に上昇したんです!
調べてみると、「ある日突然、目が覚めたように流れてくる英語が聞き取れるようになる」という記事を発見したのですが、ほんとにそれが起こったんです!!
今もびっくりしています!

なんというか、今までは曇りガラス越しに外を見ようとしていて、でも曇っているからなんとなくはわかるけど、細かいところは見えない、という感じでした。
でも、それはいきなりクリアなガラスになったような感じです!

昨日図書館の前にいたら、カナダ人の人が話しかけてきて、30分くらい話したんです。
そのとき、相手の言っていることが、スムーズに、聞くのとほぼ同時に理解できたんです!
相手が笑うタイミングで、私も面白くて笑ったし、「面白いなー」と考える余裕もすこしありました。
あとで振り返って、「あれ、あのとき私、英語をそのまま普通に理解してたぞ?」と気づきました。

その後、英語のラジオを聴いても、今までにないくらいクリアに聞こえるし、下の動画も、8割近く理解できるようになりました。
私が今まで聞いた英語の中で、苦手だなと思った人たちのインタビュー動画なんですが、びっくりするくらいクリアに聞こえてきたんです!
今までなんて、ほんとに悲しくて笑っちゃうくらい聞き取れなかったのに!
イギリス英語のアクセントがとても強く感じて、聞きづらかったのに、それも聞けるようになりました。



英語の音楽も、ためしに聴いてみたら、わからないところもあるけど、今までになくクリアに聞こえるんです!
あれ、こんなにちゃんと発音してたのか!とびっくりするくらい。

何なんだろう・・・わかりません。喜ばしいことであることは確かだけど、まさかこんなことが起こるとは思っていなくて、びっくりです。
英語の勉強を頑張ってきた成果なのだと思いますが、正直、英語の勉強を本格的に頑張りだしてから、まだ1年もたっていないし、カナダに来てまだ2ヶ月なのに、うわ~~~!ありがとうございます~~!という感じです・・・

前に書いた「語学学習における初級・中級・上級」という記事(http://polyloves.blog137.fc2.com/blog-entry-139.html)の中に、こんなことが書いてありました。

「私の中での中級と上級の違いは、「その言語に触れることに困難が伴うかどうか」です!
中級の段階では、まだ「大変!わからない!」という感覚が強くて、「できない自分」を意識しがちです。
上級になると、「結構分かる。」状態になり、大きな苦労はせずにその言語を使うことができるようになります。」


今まさに、リスニングにおいてそんな感じで、「何でか知らないけど聞けてる!」という状態になりました。
やっと、今までずーっと感じてきた「英語を聞くことの苦痛(あまりにも聞くことが大変でもどかしかったので)」のようなものから開放され、聞くことをアクティブに楽しめるようになりつつあります。

これは、中級から上級に移行したと考えてもいいんじゃないでしょーか?!
なので、これで私も、英語学習の上級者の仲間入りです!!
やったーーー!!!
これからももっともっとアクティブに、貪欲に、がめつく、粘り強く、そして根気良く、語学学習を続けていこうと思います!!

なぜ、ある日突然英語が聞き取れるようになったのか??
調べてみたところ、こんな記事を発見しました。茂木健一郎さんの文章のようです。

勉強をしていて、今の時点で目に見える劇的な成果が無かったとしても、脳の中では変化がおこっている可能性が高い。
これをカードにたとえるなら
脳の中で、5枚のカードがそろうと英語が聞き取れると仮定します。英文を1回、2回と聴くたびに脳の中でカードが増えていくのですが、5枚そろうまで結果は現れません。

ということです。
本当にそんな感じです。

たとえるなら、ずーっと海の中で生きてきた生き物が、海の中から空を見たくて、でもきちんとは見えていなくて、水面から顔を出せるまであとわずか10cm、1cmのところにきても、視界はぼやけたままなので、全然見えない。
ところがある日、やっと1cm水面から顔を出せた!
そしたら、いきなり空がクリアに見えた!ああ、空ってこういうものだったのかー。

こんな感じでしょうか。。
思うに、人間が生きていくうえで、昔から語学がかなり重要なものだったわけで、人によってあまりにも語学習得に差があると、生存していけないのかもしれません。

「幼いころ日本で育ち、日本語に触れたにもかかわらず話せない日本人」って、いないですよね。
だから、人間の言語の脳って、「ある一定ラインを超えれば、確実にその言語ができるようになる」というふうに、セットされているような気がします。
後付なんですがね^^

更新がしづらくて、書きたいことは山ほどあるのに、図書館のパソコンは日本語が打てないし。。なので更新はまたしばらくあくと思いますが、また書きますので!では!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。