スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『French made simple』と、『German made simple』

2011.09.29| ・フランス語
カナダでは、ケベック旅行の1ヶ月ほど前から、唐突にフランス語の勉強を再開しました。
せっかくケベックに行くのだし、フランス語のひとつやふたつ、わかったほうが楽しいと思ったからです。
そこで、ハリファックスの図書館で借りてやったのが、『French made simple』という本。
これがとっても良書でした。

P1010863_convert_20110929064459.jpg

私は、「ブラウンさんとマイクさんが出会った」とか「道に迷った」とか、場面があって状況がある中で、語彙を覚えるほうがいいので、この本はとても役立ちました。

P1010864_convert_20110929062259.jpg

中身はこんな感じで、フランス語の横に英語訳がついていて、照らし合わせながら勉強できます。
英語とは語順がほぼ一緒なので、とてもわかりやすいです。
展開があって面白いので、楽しく勉強できました。

ケベック旅行では、「図書館」という単語が役に立ちました。
「トイレに行きたい!」と母がしょっちゅう言ったので。。

P1010919_convert_20110929062422.jpg

ちなみに、ドイツ語版もケベックへ向かう汽車の中でやってみました。
時間がなくてすべてを終わらせることはできませんでしたが。

P1010926_convert_20110929062452.jpg

中身はかなりフランス語版と似ています。
話の内容も展開も。
ですが、フランス語と照らし合わせて考えることができたので、それはそれで面白かったです。

フランス語のほうがドイツ語より、今までの累積学習時間量は多いのですが、ドイツ語もやはり好きです。
言語としての骨組みがしっかりしている感じで、クロスワードパズルみたいで面白いです。
なにより、ドイツにはたくさんの文豪がいますから!

今回のカナダ滞在でも思ったのですが、ドイツ人はかなりうまく英語を話します。
なので、ドイツ語を話せるようになっても、結局は英語で会話する気がするので、あまり意味はないかもしれません。

でも、ドイツ語の小説などを原書で読む、というのは、きっとすごい快感だろうと思います。
なので、ドイツ語は「いつか原書でヘッセやエンデと読む!」ということを目標にしていこうと思います。

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。
英検1級、仏検2級を目指し中。
Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。