Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

英検準1級 リスニング 正解率84%

英検準1級対策として、リスニングは英検準1級 リスニング問題150をやっています。
模擬テスト以外を終わらせました。
このシリーズは定評の有るものみたいですが、このリスニング対策本だけは、評判が悪いみたいです。
ナレーションのスピードが遅い!ということが理由のようです。

私的には、そんなに悪い本には思いませんでした。
確かにナレーションはゆっくりめだし、特に女性のナレーションが少し不自然な喋り方で、アナウンサーっぽくて聞きとりづらかったです。

本番のほうがもっとナチュラルな喋り方なので、少し速く感じるかもです。
ですが、英検準1級の本番のリスニングもそこまで速いというわけでもないし、この本をやることで十分対策にはなると思いました。

part1は正解率83%、part2は75%、part3は95%でした。


<パート1>は二人の会話を聞きとる問題です。
質問の傾向には3パターンあると思いました。

1、何をする予定なのか、何をすることにしたのか
2、何を主張しているか、何が不満なのか
3、どういう状態なのか


時間や場所を問う問題は全く出ないので、とにかく二人の考えていること、予測できる行動の大体をつかむことに集中することが大事だと思います。


<パート2>は、様々なテーマで読まれる説明文を聞き取る問題です。
私はコレが苦手かも。

他のパートに比べて語彙や文章が難しく、わからないテーマだと全然わからなくなってしまったり。。
わかるものはわかるので、差が激しいです。

本番では、自分の得意なテーマや知っている語彙が出ることを祈ります!

間違えたパターンとしては、3つ。
・語彙が分からないもの
・聞き取れないもの
・聞き逃すもの


語彙が分からなかったり聞き取れないのは、今さらどうしようもないので、とにかく聞き逃すことはしないように、集中力を切らさないのが大事です。

質問はとても素直で、ひねくれたものはなく、王道!という感じです。

細かい部分について聞くと言うより、大意をつかめているか確認するような質問がほとんどなので、細かい部分まで正確に聞きとろうとするよりも、とにかく話の流れをつかんで大意を把握するほうが正解に繋がると思いました。


<パート3>は、日常生活の中でよく聞くナレーションや放送などと聞きとる問題です。
これは得意かもしれません!

カナダにいるときに、携帯電話会社や航空会社、ホテル、、いろんなところに電話したことが役だってるかも♪

ここではまず、自分の状況設定が与えられます。
そのときに、自分の状況(いつ、どこにいるのか、何をしたいか、どういう役割なのかなど)をしっかり把握することが大事です。

しっかり把握していないで見落としがあると、そこを狙ったひっかけにひっかかってしまうので。
そして4つの選択肢を見て、これから放送されるナレーションの場面を想像することも大事。


まあ、リスニングは聞けなきゃしょうがないんですよね。。
とになく耳を英語に慣らしておくために、試験まではラジオカナダを流し聞きしようかな。

コメント

非公開コメント