Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
英語、フランス語、ドイツ語を学習中。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア語、例文暗記は効果的?

2010.12.13| ・その他の言語
外務省のHPに、「チャレンジ41ヶ国語」というページがあります。
41カ国それぞれの国担当の外務官に、その国の言語をどのように学んだかインタビューしている記事です。
これ↓
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/staff/challenge/index.html

その中のポーランド語担当の方の記事に、こんなものがありました。
「日本人にとってスラブ系の言語は文法が複雑すぎるから、考えていては言葉にならない。だから例文を丸暗記する勉強をしていったら、それがとても効果的だった。」

確かに、ロシア語もスラブ系ですから、文法が複雑なのは同じ。
ほかのスラブ系(チェコ語、スロバキア語)言語の担当になってそれらを学んだ人たちのインタビューもあるんですが、文法の勉強に偏りすぎて、現地でまったく会話ができなかったそうです。。
これを読んで、ちょっと考えてしまいました。

ロシア語などスラブ系言語は、ラテン系やゲルマン系に比べてかなり文法が複雑といえます。
フランス語は文法書一冊読めば大体わかるし、ドイツ語でも2冊読めば、どういう仕組みなのか大体わかるから、文法だけに時間を割かれることもない。
参考書も多いし、ちゃんと音声CDがついてる。問題集もある。
そういう意味でいろんな勉強法がとれる。

でもロシア語は、参考書が少ないしCD付きのものも少ない。私は参考書は買わないので、学校の図書館にある参考書に頼るしかなく、そこには問題集は置いてない(多分)。
だから今はCDのない文法書で勉強してて。

でも今日ある程度ロシア語の文法をやってみて、これをきちんと覚えるのって相当大変かも・・・って思った。
フランス語やドイツ語は文法をある程度覚えてから、発音やって、問題解いて、とかできるけど、ロシア語では毎日やったとしても文法だけで一ヶ月はかかってしまう。。
そんなに時間はない!
しかもキリル文字で慣れてないし、表記どおりに発音しないものも多いらしく、そういうのってCDなきゃわかんねーじゃん!

そうなると、ロシア語に関しては文法を固めることに重点を置く勉強法では非効率的かも?!
多少不安はあるけど、例文暗記みたいな勉強のほうが、単語や発音や音読や軽い文法やらを一緒に勉強できて、効率がいいのかしら。。と思ったのです。


ていうか、それぞれの言語は、言語の特徴や難しいポイント、簡単な所が違っているから、勉強法も違ってきて当然なのかな。
んー、どうしよう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。