Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
英語、フランス語、ドイツ語を学習中。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級対策 ニュースでディクテ。

2011.11.23| ・英語~その後〜
早速、英検1級対策の勉強を開始しました。
まず、リスニング力向上のためにやろうと思っているのが、「ニュースを聞いてディクテーションすること」です。
英検1級のリスニング問題を、試しに少しだけやってみたのですが、テーマとして「ビジネス」「医療」なんかが多い気がしました。
準1級までは、日常会話がわかればなんとか正解できるレベルだったのですが、そこからさらにレベルアップしています。

1級では、ビジネスの場で日常的に英語を使っている人や、英語でニュースを聞く習慣のある人が合格する、つまり、そのようなレベルに達していることが求められているのかも・・・と思いました。

あと、スピードも準1級より早いです。
準1級までは無かった「インタビューを聞きとる」問題もあるようなので、ナチュラルスピードでニュースが聞き取れるレベルじゃないと、厳しいかなあと思います。


私のリスニング力は、このレベルに全く達していません。
私は基本、二人の人が会話しているようなもののほうが得意で、一人の人が何かについて説明しているような(例えば準1級リスニングのパート2)ものは苦手です。

会話であれば、例えばAさんが「昨日病院に行った」といえば、Bさんは「病気でもしたの?」とか「昨日学校に来なかったから心配してたのよ」とか、そういったことが続くだろうな、と聞きながら予測することができます。

でも、一人の人が何かを説明しているものだと、起承転結についていけなくて、分からない語彙でストップしたりしてしまいます。
次の話の流れを予測できないので、格段にリスニング力が落ちるんです。

つまり、私は英語を聞くとき背景知識にかなり頼っているということ。
耳で聞いて理解できない部分を、背景知識を元に頭で推測して、補っているんです。

だから、本当は聞き取れていないのに、聞き取れたつもりになっていることが多い

聞き取れない部分を推測することは、とっても大事な事だと思うし、できたほうがいいと思います。
でも、背景知識にかなり頼っているレベルでは1級には受からないと思います。

長文であっても、流れに遅れずについていくことができ、背景知識がある程度不足していても理解することができるレベルにならないと・・!


そこで有効なのが、「ニュースをディクテーション」することではないかと。
ディクテーションは、自分が聞き取れない穴を明確に知ることができ、かつ語彙も増え、英語特有の文章構造の理解力も高まり、リスニング力もアップするので、とても効果的かなと思います。

ディクテーションには、PBS NewsHourBBC Learning Englishというサイトを利用します。
このサイトには音声だけでなくスクリプトもついているので、ディクテーションに最適!
こんな動画の音声を、ディクテしていきます。

ディクテーションでリスニング力が上がったあかつきには、、
・聞いて瞬時に理解できる。
・わからない語彙や表現があっても、立ち止まらないで次に進める。
・聞きながら、文章構造を理解できる。
・背景知識が無くても理解できる。

ようになりたいです!

余裕があれば、ディクテで使った音声をシャドーイングできたらと思ってます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。