スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtubeで生の英語を学ぶ。

最近の英語学習は、Youtubeで色々な人のインタビューを見て、そこで使われているイディオムや知らない語彙を手帳に書き留めて覚えていく、というやり方で進めています。
前の記事ではジェニファー・ロペスでしたが、今回はビヨンセのインタビュー。
そこでは、様々な表現が使われていて、発見がたくさん!



例えば・・・
・"If I stay in one spat, I'm not doing my job, I'm not growing as a human being."(一部略)
と言っていたり、他にも
have the nervous bowel in my stomach、set the tone、girl next door、go over the top、comfortable in my skin などなど・・

知らない表現がたくさ~ん!
comfortable in my skin という表現はジェニファー・ロペスも使ってましたね!
それぞれ30代、40代という年齢の女性としての心境を語っていて、とても印象的な表現でした。

イディオム帳かなにかで表現を学んでも、なかなか入ってこないけれど、実際に今生きているビヨンセという人物が、実際のインタビューの中で言った言葉だと思うと、スッと自分の中に入ってくる感じがします。
とっても覚えやすいんです。
そのときの表情や雰囲気、状況などを、まるごと含んでの言葉だと思うので、すごく肉感的に、臨場感をもって語彙を覚えられる気がします。

この動画ではビヨンセがかなりハッキリ発音してくれているので、私も聞き取れますが、ものによっては全然わからない時もあったり。
それは気にしないで、分かるものを見て学んでます。

やり方としては適当ですが、まずインタビューを見て聞き取り、知らないイディオムや語彙が聞き取れたら辞書で調べます。
大体は辞書に載っているので、それで意味が分かります。
新出語彙なんかは、音声辞書で音も調べたりしています。


この方法、何がいいって、なんてったって楽しい!
綺麗な女性の綺麗な英語が聞けるし、その人の人柄や新曲、出演映画なんかも知られる。
実際に生きている人の言葉って、やはり”生”な感じがして、とても面白いんです。
ネイティブの使う表現や語彙は膨大な量ですが、この方法だったらストレスなく、とっても楽しく学べます♪

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。
英検1級、仏検2級を目指し中。
Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。