スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英検1級リスニング』part2~4の正答率。

『英検1級リスニング問題150』という本、パート1に引き続き、2~4までやってしまいました。
パート2はエッセイ風で、語彙などが一番難しいパートらしく、3はアナウンス、4はインタビューという形式でした。
正答率は、パート2が71.4%、パート3が75%、パート4が75%でした。

やはりパート2がいちばん難しく感じました。
全体を通して、この問題集の音声スピードはそこまで速くないし、かなりはっきり発音してくれているので、聞けるものはすんなり入ってきて「なるほどねえ」なんて考えながら聞けました。

しかし、語彙が難しい問題だと、そこでつっかえてしまったりしました。
質問の傾向としては、細かい部分に関する質問がでるというよりは、大意と掴めば解ける問題が多い印象でした。
これは準1級までと変わらない特徴ですね。

パート3は、難しいというよりややこしい問題が多く、パート2とは違って細かい部分を掴めなければ正解に至れない感じでした。
日頃から丁寧にリスニングしておくことが有効かもしれません。

パート4は、生のインタビューを聞いているような音声になっていて、ため息やら半笑いやらが入り交じっていました。
長めのインタビューで質問も多く、詰まったり途中で言い換えたりしながら進んでいく、まさに生という感じ。
こういうの、とっても面白いです。

スピードもほかより早いし、ナチュラルな話し方なのですが、日頃からyoutubeやradio Canadaを聞いているおかげか、そこまで聞きにくいとは感じませんでした。
話にもついていけているし、大意は確実に掴んでいたのですが、少し聞き逃して、まさにその部分に関する質問が出たりすると、確信を持って答えを選べなかったり。。

全体と通して、想像していたより手が届きそうでした!
全体の正答率は73.9%、英検1級の合格基準の7割程度にはなんとか達していました。

でも、たぶんリーディングとリスニングで8割以上とれる状態じゃないと合格には至らないと思います。
大問1の語彙が相当難しいらしいし、英作文も本番で自分がどれくらい取れるのかわからないので。
本番は緊張しますしね。

でもでも、1級は今年の第3回、冬の試験で受けようと思っていたけれど、10月秋にある試験に申し込みできるかも!
あと半年あるので、リーディングとリスニングをもっと鍛えて、語彙も増やして、英作の練習もして。。。
なんだか、英検1級に向けて少し具体的に学習できそうな気がして来ました。

コメント

非公開コメント

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。
英検1級、仏検2級を目指し中。
Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。