スポンサーサイト

--.--.--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋楽で英語の学習。

洋楽をカラオケで歌いまくるという学習法(ストレス発散法・・・?)が、最近とってもお気に入りで、ここ一年くらいは足しげくカラオケボックスに通っています。
去年までは、英語が私よりずっと堪能な仲良しちゃんがいたので、その子としばしば行っていました。
その子が歌うJusin BieberのBabyとか、Katy PerryのRoarを聞いて、歌詞を覚えたり。

最近は、一人で行って何時間も熱唱することが多いです。
洋楽って、英語が苦手な人からすれば歌詞が意味不明でストレスになる気がするので・・・。
一人だと、気を遣わず同じ歌を何度も入れたりできるので、とっても快適♪

初めの頃は、スピードに合わせて英語を発音することが難しくて、口が回らないことが多々ありました。
それでも英語を発音することや、歌を歌うことが好きなので、ストレスなくカラオケで洋楽を歌ってました。
そして、最近気付いたのですが、英語の発音が良くなってる気がする!!!

英文を読んだ声をボイスレコーダーに録音して聞いてみたのですが、以前より明らかに発音がきれいでスムーズ。
the、v、shの音が特にいい感じに上達してる気がする。
これ、絶対洋楽を歌ってたからだと思います。

あと、メロディに合わせて歌おうとすると、どうしてもリエゾンをそのまま発音することになるから、自然な英語の発音を自然にマネしてるんだと思います。
洋楽カラオケの意外な効果を発見して、かなり嬉しいです!

そして、もう一つ。
英語の歌詞を覚えることのメリットは、語彙が増えること!

例えば、Katy Perryの歌詞にはイディオムやスラングがたくさん出てくるのですが、
a house od cards, the 4th of July, what the future holds ・・・などなど。
曲のテーマや文脈に合わせて、たくさんの言葉を学ぶことができるので、頭に残るしとってもいいです。

ただこれ、読むだけならなんとなく読めてしまうし、ちゃんと理解してなくても歌おうと思えばなんとなく歌えちゃうんですよね。
全然知らない語彙でなければ、発音はできますからね。
でも、きちんと意味を理解したうえで歌っているかと言われると、怪しいこともしばしば。。。

そこで、英語の歌詞を印刷し、わからないイディオムに線を引いて、きちんと意味を調べて歌う、という学習法を取り入れることにしました!
こうすることで、なんとなく読み飛ばしてしまいがちな部分も見落とさず学習できるし、歌のメッセ―ジもよりよく頭に入ってきます。
しかも楽しいし、一石三鳥!

無理なく、楽しく、続けていきたいと思います♪


コメント

非公開コメント

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Profile

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。
英検1級、仏検2級を目指し中。
Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。