Profile

Mei

Author:Mei
2010年10月から多言語学習を開始。
現在:英検準1級,TOEIC870,独検2級,仏検3級。

Blog ranking

Category

Monthly Archives

All Post

All Post

Recent Comments

Counter

Link

7ヶ国語:これまでの勉強まとめ

2011.01.15|(1)語学全般
久しぶりの日本語です。英語にしてから見てくれる人がだいぶ減った様子!ドイツ語やフランス語なんて、誰も見てないんじゃないかしら・・・
でも、何より自分のために書いてるブログなので、マイペースに多言語を続けます。

ここでは、今までやってきた勉強法と教材を挙げてみようと思います!おすすめのものは太字で!
一応やった順番に書いていきます。誰かの参考になれば幸いです。
ちなみに、今後の勉強法については変更も大いにありえます。

<英語>

「English Journal」
ハリウッドスターへのインタビューや、UK、USのニュースがCDに入ってスクリプトもついてる物。もちろんネイティブの会話です。
始めのころは全然聞き取れなかったので、最初にCDを聞き、英語のスクリプトを見て、その後和訳スクリプトを見て、「へー、こう言っているのか。この単語はこんな風に聞こえるのか」などの確認をしていった。
その後さらなるリスニング強化に、ディクテーションを。ディクテーションはリスニング力だけじゃなく、文章構成力もつく気がする。ついでにスペルチェックもできる。
今も継続中。

「ハリウッドスターの英語」
English Journalのハリウッドスターへのインタビューのみを一部抜粋して書籍化したもの。
これはリスニング用と音読用として使ってます。レオナルド・ディカプリオのインタビューの音読は、もう50回はやってるかも。たまに録音して上達振りを確かめています。

*「TOEICテスト英単語最速チャージ」
語彙力強化に。単語が大きく書かれていて覚えやすい。例文もかなり良い。

「LIVE from LONDON」「LIVE from N.Y.」 
ロンドンのほうは旅行者向けで、旅行するときに使えるがたくさん。
ニューヨークのほうは2冊あって、旅行に使える会話はもちろん日常会話や雑談も載っていて、子供の会話やものすごいなまってる人の会話などもあり面白い。会話スピードも速い。
これは通学中や暇なときに聞き流していたんだけど、最近はディクテーション用として使っています。

*「MOMO」
ミヒャエルエンデのモモのペーパーブック。TOEICを3月に受けるので、リーディング向上に。


英語は、文法はまあできていたので、今まで力を入れてこなかったリスニングを中心にやってきました。初めは全然聞き取れなかったけど、やっていくうちにだんだんききとれるようになってきた!
今後は、引き続きディクテをして、もっと聞くことに慣れ、ニュースなども聞いて、楽しめるようになりたいな。リーディングも楽しみつつもっとやっていきたい。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<フランス語>

「フランス語の入門」白水社
かなり良書!!この本によって多言語学習が効率よく、かつ楽しく進められたといっても過言ではない。
「なんでそうなるの?」という文法のルールを、丁寧に解説してくれ、かつ見やすくCDもついてる。
文句なし。

「今すぐ話せるフランス語単語集」東進ブックス
かなり良書!英語以外の6言語は、すべてこの単語集を使ってる。
単語が大きく、一語一語に例文が付いていて、その例文の質もいい。CDもついていて例文も音読してくれる。余計な日本語は一切書かれてない。

*「コレクションフランス語 入門」
文法をまとめて説明しているわけではないので、文法を一通り終えた後のほうがいいかな。
フランス語にもっと慣れるために使用。基本表現が学べる。

*「仏検公式問題集5級、4級」
文法などの確認に。

*「コレクションフランス語 初級」
入門レベルの文法書には書いていない、少し細かい文法や表現、単語が学べる。会話形式なので飽きない。

*「フランス語動詞活用ハンドブック」
色分けされていて見やすい。始めは「こんなん覚えられねー!!」と思うけど、コレクションをやってから見ると、結構見覚えのあるものも出てくる。

*「仏検公式問題集3級」
文法などの確認に。

「フランス語<拡聴力>」
コレクションをやっていれば普通にフランス語の音に慣れるかな、と思っていたけど、全然聞けなかったので、次はこれ。今これをやってます。

*「コレクションフランス語 聞く」
次はこれをやろうと思ってる。ひたすらリスニング。

*「コンヴェルサスィオン」
これもリスニング。怒ってる会話とかも結構録音されていてリアルで面白い。

*フランス語の読み物
この前ブックオフで安くフランス語の小説を手に入れたので、拡聴力が終わり次第やっていこうと思ってます。


フランス語は0から始めました。英語の文法・単語の知識がかなり役立つし教材も多いので、英語の次にフランス語をやってよかった!
文法→単語→会話→発音の順に力を入れてやっていったけど、やっぱりフランス語は発音が難しい、、
今後は、リスニングに力を入れつつ読書などもしていく予定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ドイツ語>

*「文法書」
名前忘れた。。普通の文法書だった。コツがつかめず、「中級ドイツ語のしくみ」もちょっと読んだ。

*「ニューエクスプレス ドイツ語」
ドイツ語に慣れるために使用。慣用表現とかを学べる。CDのスピードはそんなゆっくりじゃないかな。

「今すぐ話せるドイツ語単語集」
超良書。フランス語に同じ。

「中級へのドイツ語 ベル:気まぐれな客たち」
今これをやっている。ベルというドイツ人小説家の小説を読みつつドイツ語の文法や語彙に慣れていくというもの。ドイツ語の格変化に慣れていないとき、文章の中で慣れていくのには最適。
慣用表現とかも学べるけど、CDが付いていないのと、単語の和訳はあまりないので、自分で調べながら進めてます。

*「中級へのドイツ語 ベル:ある若き王様の思い出」
次はこれをしようかな。構成は上とほぼ同じ。

*「ドイツ語レベルアップトレーニング」
次にするもの。

*「ドイツ語リスニング」
次にするもの。

*「ドイツ語スピーキング」
その次。


ドイツ語も0からのスタート。格変化というものに今まで触れたことがなかったから、感覚をつかむのに少し時間がかかった。
今はベルの小説を読みつつ、格変化やドイツ語の単語に慣れていっているところ。ベルが終わったら、リスニングに入っていきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スペイン語>

*「ニューエクスプレス スペイン語」
これの前にちょろっと文法書を読んだ。この本は、ビジネス系の会話が多いけど、丁寧。

「今すぐ話せるスペイン語単語集」
超良書。フランス語に同じ。でも、名詞の男女性の表記が無いのが残念。

「スペイン語会話クイックレファレンス」
第一部は、あらゆる表現が細かく書かれていて、文法や語彙説明はナシ。今はこの部分をやってる。
第二部は「LIVE from LONDON」さながらの会話、会話、会話!ひたすらネイティブの速い会話のスクリプトが書かれてる。CD付き。
こんなにすべてが凝縮された教材は、なかなかないよ!
量がかなり多いので、しばらくはこれをやり続けることになると思う。第二部のほうは、いずれリスニングやディクテーション、音読に使いたい!


スペイン語は、フランス語と文法が似ているし発音が楽なので、あまりかまえずにできる。単語も特徴的で覚えやすい。今後は、とにかくクイックレファレンスを最大限に活用していきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ポルトガル語>

*「ニューエクスプレス ブラジルポルトガル語」
女性の吹き込み者が日本人・・・なぜ?でも説明はわかりやすい。

「今すぐ話せるブラジルポルトガル単語集」
良書!フランス語に同じ。

「手紙・メールのポルトガル語」
今これをやり中。ポルトガル語での手紙やメール、グリーティングカードの書き方、例文だけでなく、ちょっとした文法やイディオム、ことわざまで載っている。
かなり量が多いけど、CDはなし、そこが残念。しばらくはこれをやっていくことになります。


ポルトガル語は、フランス語、スペイン語の文法の知識で何とかなるかなと思うので、文法はニューエクスプレスでちょっとやっただけで、会話、単語に入ってます。
私はとにかく「勉強」より「生の会話や小説から言語を学ぶ」ほうが好きなので、停滞しないうちにどんどん先に進んでます。
少々わからなくても、慣れれば分かるようになる、「習うより慣れろ」の気持ちでやってます。
ポルトガル語は、発音がかわいい!「手紙・メール~」が終わったら、リスニングとかをやりたいですな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<イタリア語>

*「ニューエクスプレス イタリア語」
説明が分かりにくかった・・文章も、入門レベルにしてはハイレベルな気がした。

「今すぐ話せるイタリア語単語集」
良書ですが何か?

*「ドクトル・ダリウスの事件簿」
今やっているもの。物語の展開がありえない!らしいです。
CDは付いてますが、とにかくイタリア語による物語を和訳が付いているだけで、文法や語彙の説明はないので、調べつつやってます。しばらくはこれをやっていく予定。


イタリア語も文法はニューエクスプレスしかやってません。
入門を終えて、中級に進んでいきたい人のための本が、イタリア語やポルトガル語では全然ないので、ちょっと難しいけど、今は「ドクトル・ダリウス」をやってます。
ドクトルが終わったら、リスニングやれるといいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ロシア語>

「ニューエクスプレス ロシア語」
内容が面白い!登場人物のツバサがちょっと天然で、マイペースで、会話が愉快。ナレーションもかなりゆっくり。
でも、ロシア語の場合文字が難関なので、いきなり文を読むのはちょっと厳しかった。
私のロシア語の勉強法は、文法はほぼやらずに、まず会話からなので、文法のページはほとんど役に立たなかった。

「今すぐ話せるロシア語単語集」
良書ですってば。もっと書店に置いてほしい。
ロシア語の場合、文字と音の一致がいかによくできるか、というところから始めなきゃいけない。
だから、この単語集でひとつひとつ文字と音を確認していけるのは、とてもいい方法です。

「男と女のロシア語会話術」
ロシア語に関しては、入門レベルの教材か分厚い文法書しか、ほとんどの書店には置いていなくて、「会話を通して」とか「実際の物語を通して」文法や単語を学び、その言語に慣れていく、というような教材は皆無に近い!
でもこれは、「ずっとわたしのそばにいてくれる?」などの文がロシア語で書かれていて、CDも付いている。
内容がかなりコアというか、夜の会話なんかも多くて、これを声に出して彼氏に話しかければ、文まるごと覚えられること間違いなし!


ロシア語は本当にいい本が少ないので、モチベーションとか以前に、どうステップアップしていくか、楽しめる本をいかに見つけるかということに、ロシア語が上達できるかどうかがかかっている。
文法がかなり難解で、文法を覚えることを先にやると本当に時間がかかり、無駄だと思ったので、まずは会話から思い切って入っちゃってます。
ロシア語はゆーっくり、進めていければいいです。



コメント

非公開コメント